山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

トップ > はちみつ > はちみつ 明らかになる健康機能~最新研究ダイジェスト

はちみつ 明らかになる健康機能~最新研究ダイジェスト

古くから、天然の甘味料として広く愛用されているはちみつ。伝承的には抗菌作用などが注目されていますが、近年、科学的な分析が進み、はちみつの長所や魅力が改めて明らかになりつつあります。
ここでは、信頼性のある科学的な手法で行なわれた最近の研究成果を、ダイジェスト版でお伝えします。
より詳しいデータや論文をご覧になりたい方は、研究者の皆さま向けページをご覧ください。

はちみつの「血糖値・糖尿正常化」

はちみつは、血糖値・インスリンへの影響が相対的に低い

「低GI」という言葉をご存じですか?「GI値」とは、「グリセミック・インデックス」の略。食品ごとの血糖値の上がりやすさを示したもので、GI値が低いほど、血糖値が上がりにくく健康によい食品とされています。また、「II値(インスリン・インデックス)」という指標もあり、これも低いほど、糖の代謝に必要なインスリンホルモンを過剰に分泌させない、よい食品とされています。甘みの強いはちみつは高GI食品(血糖値が上がりやすい)というイメージがあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

はちみつがヒトの血糖値およびインスリン分泌に及ぼす影響

※この研究結果は糖尿病患者の方にはちみつをお勧めするものではありません。
本研究では、健康な成人男女(21~73歳)に、異なる7種類のはちみつを摂取させ、摂取前後の血糖値とインスリン値からグリセミック・インデックス(GI値)およびインスリン・インデックス(II値)を算出することで、はちみつがヒトの血糖値およびインスリン分泌に与える影響を評価しました。
その結果、GI値、II値 ともに、7種の中ではアカシアはちみつ(日本産、ルーマニア産)が最も低い数値を示しました。
一方、ブドウ糖と比較した場合、はちみつでは血糖値が元に戻りやすいという結果も得られました。
また、はちみつのフルクトース含有率とII値とは負の相関を示すこともわかりました。アカシアはちみつ(日本産、ルーマニア産)が血糖値の上昇やインスリンの分泌を最も効果的に抑制したのは、試験したはちみつの中で、フルクトース含有率が最も高いためと考えられます。

おもなはちみつのGI値、II値

日本産アカシアはちみつ摂取後の血糖値推移

(山田養蜂場みつばち健康科学研究所 2012年4月)

はちみつの「歯とお口のトラブル対策」に関する研究データ

はちみつが、歯石をできにくくする

いつまでも自分の歯でおいしく食べる―――心身ともに健康であるためにとても大切なことです。
厚生労働省が発表した平成23年「簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は女性が85.90歳(世界第1位)、男性79.44歳(世界第6位)となり、男女ともに平均寿命を毎年更新しています。一方、1999年の「歯科疾患実態調査」では永久歯の平均寿命は、女性が49.4~66.2歳、男性が50.0~60.7歳で、

この報告より永久歯の平均寿命は日本人の平均寿命より、女性では約20~36年、男性は約18~29年短いことがわかります(表1)。
つまり約20年以上もの間、虫歯や歯周病によって、自分の歯を失い、美味しいものを楽しめる生活が難しくなるのです。従って、QOL(生活の質)を高めるためには心身の健康だけではなく、「歯の健康」を保つ努力が必要となってきます。

  男性 女性
日本人の平均寿命(2005年) 78.53歳 85.49歳
永久歯の平均寿命(1999年) 50.0~60.7歳 49.4~66.2歳

日本歯科医師会によると、虫歯と歯周病は永久歯の寿命を短くする2大原因とされています。食べたもののかすが、歯の表面や歯茎の境目に付着して歯垢となり、唾液の中のカルシウムで石灰化して、歯石となります。
虫歯は、歯垢の中で繁殖した菌が糖を分解して出す酸によって歯が溶け出すことが原因で起こります。また、歯垢と歯石があると、菌や菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起こり、歯周病へと進んでいきます。
つまり、歯垢や歯石をいかに“できにくくするか”、また“取り除くか”が口腔ケア研究の鍵といっても過言ではありません。
さらに、口の中で増えた菌は口腔内だけでなく、体全体にも深くかかわっていることが、最近の研究で明らかになってきました。

細菌の出す毒素や炎症を引き起こす物質が歯ぐきから血管に入り込み、全身に悪影響を及ぼす可能性があるのです。実際に、口の中の慢性的な炎症や歯周病と、糖尿病や心筋梗塞、肺炎、低体重児出産、骨粗鬆症などとの関連性が報告されています。
山田養蜂場では、ミツバチ産品の中でもこれまで歯周病、口腔潰瘍の予防効果が報告されているはちみつに着目し、これまで研究がなされていなかった歯のエナメル質の再石灰化や歯石形成との関係について、世界各国のはちみつを用いて研究を行いました。すると、はちみつが、歯石を防いで、歯と歯ぐきの健康に役立つことが判明したのです。

はちみつの歯石予防効果

歯垢の状態を試験管内で再現する方法を用いて、さまざまな種類のはちみつによる作用を調べました。歯石を構成するリン酸カルシウム形成(特にハイドロキシアパタイト(HAP)の形成)速度を数値化する方法により、はちみつによる歯石形成抑制の程度を代表的な抗歯石剤である「エチドロン酸」と比較しました。
その結果、図の緑字で示した10種類のはちみつ(甘露、ローズマリー、ペーターソンカース、ユーカリ、ラズベリー、ベニバナ、ペパーミント、コーヒー、レンゲ、百花)に、HAPの形成を遅らせる傾向(歯垢から歯石をつくりにくい)が見られました。その歯石予防効果は、歯磨き剤に使用されているエチドロン酸と同程度だと期待されるものでした。
なかでも、暗黒色や褐色など濃い色のはちみつはHAPの形成に対する抑制力が強いという傾向が示され、暗色や褐色のはちみつには、特に歯石を抑制する効果があることがわかりました。
今回、10種類のはちみつにおいて有用性が見られ、歯磨き粉やマウスウォッシュ(洗口剤)に適している素材となる可能性が示されました。

はちみつ各種の歯石予防効果の比較

(山田養蜂場/福岡医療短期大学 2008年11月、論文発表)

はちみつの基礎的な研究データ

はちみつの「抗菌活性」に関する研究データ

ニュージーランド産の6種類のマヌカ蜂蜜を調べる研究では、マヌカ蜂蜜の主要な抗菌活性物質として知られるメチルグリオキサール(MGO)が38-761 ㎎/kg含まれることがわかりました。この量は、一般的な蜂蜜と比べて100倍ほど多い含有量です。また、抗菌力を評価するため、大腸菌とブドウ球菌に対するMGOのMIC(最少発育阻止濃度:一晩かけて、目視で菌の増殖が確認できない最少濃度。一般的に抗菌活性を調べる指標として用いられる方法。)を調べたところ、1.1mMであることがわかりました。この濃度は、マヌカ蜂蜜を15-30%に希釈した濃度に相当します。この研究の結果、マヌカ蜂蜜は、花蜜由来の蜂蜜より高い抗菌活性があることがわかりました。

マヌカ蜂蜜およびメチルグリオキサールの抗菌活性

サンプル 大腸菌・ブドウ球菌の増殖を抑える最少濃度
マヌカ蜂蜜
15-30 %
花蜜由来の蜂蜜
80 %以上
メチルグリオキサール
1.1 mM

Mol Nutr Food Res., 52(4), 483-9, 2008より改変

はちみつの「安全性」に関する研究データ

ニュージーランド産マヌカ蜂蜜の安全性を確認するため、本研究は行われました。42-64歳の健常男女20名を、10名ずつのグループに分けました。始めの2週間、両グループに蜂蜜を摂らないよう指導し、その後、片方のグループにはマヌカ蜂蜜(manuka honey)を、もう片方のグループには百花蜂蜜(multiflora honey)を1日20g、4週間摂ってもらいました。その後、2週間、蜂蜜を禁止したのち、摂る蜂蜜を逆にして、1日20g、4週間摂取してもらいました。
蜂蜜摂取前後に、アレルギー反応が起こっていることの指標であるIgEと、老化の原因物質であるAGE(糖化最終産物。体内で血中のブドウ糖が過剰になると、細胞や組織を作っているタンパク質と結びついて、生成、蓄積する物質)の血中濃度を調べたところ、どちらのグループも正常値の範囲内の値であり、マヌカ蜂蜜の安全性が示されました。

蜂蜜飲用前後でIgE(kU/L)、AGE(CML値、ng/ml)はほぼ変動なく正常範囲内

  飲用前 1週間後 2週間後 3週間後 4週間後
IgE CML IgE CML IgE CML IgE CML IgE CML
マヌカ
蜂蜜
18.3 2.9 19.3 19.2 19.3 21.1 2.8
百花
蜂蜜
17.2 3 18.1 17.9 19.1 21.3 2.8

Br J Nutr., 103(7), 1023-8, 2010より改変

はちみつの「傷を治す作用」に関する研究データ

マヌカ蜂蜜が配合された包帯(Apinate™)を使用することで、慢性創傷にどのような効果を与えるか調べる研究が行われました。創傷部位のpHはアルカリ性の数値を示しますが、酸性pHを示すマヌカ蜂蜜を創傷に使用し、pHが下がることで線維芽細胞の活性化や酸素遊離を助け、治癒促進が期待できます。足に創傷を持つ17人(合わせて創傷は20個)の創傷のpHと大きさを調べ、マヌカ蜂蜜含有の包帯(Apinate™)を2週間使用したあとの創傷のpHと大きさを比較しました。結果、pHが0.1下がる(酸性側になる)ごとに創傷の大きさが8.1%減少し、統計学的に有意に減少しました(P=0.012)。この試験から、マヌカ蜂蜜が創傷を治癒する可能性が示唆されました。
※Apinate™は、イギリス、アメリカなどで展開している、医療機器および製薬会社であるDerma Sciences社の製品です。主な使途は、褥瘡、かさぶた、手術創、糖尿病患者の傷、やけど、などです。

International Wound Journal, 5(2), 185-194 (2008)

はちみつの「抗酸化力」に関する研究データ

この研究は、蜂蜜の蜜源の違いによる生物活性の違いを調べるために行われました。
試験に使った蜂蜜サンプルは、ルーマニア産の6種(アカシア、ヒマワリ、甘露、百花、ライム、シーバックソーン)です。
抗酸化力が、もっとも高いのは甘露蜂蜜でした。蜂蜜の総フェノール量と、抗酸化力の強さに相関があり、その違いは蜜源植物によるものだということが明らかとなりました。

Spectrochimica Acta Part A., 100, 149-154, 2013より改変

はちみつの「成分」に関する研究

この試験では、ルーマニア産の6種(アカシア、ヒマワリ、甘露、百花、ライム、シーバックソーン)の蜂蜜の栄養成分に違いがあるかどうかが調べられました。
その結果、はちみつの蜜源植物によって、タンパク質量、遊離アミノ酸量、総フェノール量に違いがあることがわかりました。6種を比較したところ、タンパク質量、遊離アミノ酸量、総フェノール量ともに、最も多く含まれていたのは甘露蜂蜜でした。

Spectrochimica Acta Part A., 100, 149-154, 2013より改変

はちみつの「お肌の乾燥・シミ予防」に関する研究データ

誰しも、加齢や季節の変化に伴い、肌の保湿性やバリア機能の低下などによる「乾燥」、弾力性の低下などによる「しわ・たるみ」、紫外線を浴び続けたことによる「シミ・そばかす」などの変化が現れます。特にバリア機能の低下した肌は、肌を守る機能が弱まり、髪の接触や衣類の摩擦、下着のしめつけといった物理的な刺激に敏感になったり、紫外線などの影響を受けやすくなります。紫外線を浴び続けた肌は、メラニンが過剰に産生されてシミやそばかすが現れたり、肌を支える基底膜が壊されて肌の弾力性が低下したりシワの原因となります。
乾燥やシミなどの肌変化は、お肌からのエイジングサインかも知れません。肌の状態を良好に保ち、いつまでも若々しく健康に過ごすために、肌の保湿や紫外線対策はとても大切です。同時に食事でも、ビタミンA、C、Eやコラーゲン、ローヤルゼリー(※)など、美肌に役立つ栄養素を積極的に摂りたいものです。

※:ローヤルゼリーの美肌効果についての研究データはこちら

はちみつは乾燥状態でも水分を保持する

蜜蜂産品の中で最もよく知られているはちみつには、保湿作用があることが知られています。この試験では、乾燥環境下におけるはちみつの保湿作用を一般的な保湿剤(グリセリン)と比較しました。アカシアはちみつを50%含む水溶液(以下、はちみつ水溶液)とグリセリンを50%含む水溶液(以下、グリセリン水溶液)、および水を、それぞれ温度35℃、湿度40%に24時間放置し、溶液の残存率(水の蒸散を防いだ率)を比較したところ、はちみつ水溶液は水と比較して有意に残存率が高く、グリセリン水溶液とは同程度でした。このことから、はちみつにはグリセリンと同程度の水分を保つ作用があることがわかりました。

はちみつの保湿作用
図1:はちみつの保湿作用

(みつばち健康科学研究所 2010年4月)

はちみつはメラニン生成を抑制する

この試験では、はちみつに、シミやそばかすの原因であるメラニンの産生抑制作用や、メラニンの産生に関与しているチロシナーゼという酵素の活性阻害作用を調べました。メラニン産生抑制率は、B16メラノーマ細胞という常にメラニンを産生し続けている細胞にアカシアはちみつを添加してメラニン産生量を測定し、無添加のものと比較して評価しました。また、チロシナーゼ活性阻害率は、B16メラノーマ細胞にメラニン産生の基となるL-DOPAとアカシアはちみつを添加してL-DOPAとチロシナーゼとの反応性を測定、無添加のものと比較して評価しました。アカシアはちみつは、メラニン産生抑制作用およびチロシナーゼ活性阻害作用に対して、濃度依存的に効果を示しました。

はちみつのメラニン産生抑制作用
図2:はちみつのメラニン産生抑制作用

(みつばち健康科学研究所 2013年6月)

はちみつのチロシナーゼ活性阻害作用
図3:はちみつのチロシナーゼ活性阻害作用

(みつばち健康科学研究所 2013年6月)

みっち&ハチロー博士と わかりやすく学ぶ はちみつ
今月の対談録
今月の健康情報