山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

「健やかに」発刊録

日本の伝統食材を表す「まごはやさしい」に、家森幸男先生が「こ」と「よ」を加えた「まごこはやさしいよ」の主な栄養成分をご紹介します。

それぞれの代表的な栄養を見ていきましょう。

ま(豆)類全般は、タンパク質、カルシウムや、食物繊維が豊富。大豆イソフラボンなどの抗酸化成分を持つ豆も。
ご(ごま)は、カルシウムやビタミンE、抗酸化成分のセサミンなどが豊富。
こ(米)は、腹持ちのよい炭水化物で、日本人の肥満の割合を減らしてくれています。
は(わかめなどの海藻)は、カルシウムなどミネラルの宝庫で食物繊維もたっぷり。
や(野菜)はビタミンCやカロテン、
さ(魚)はタンパク質、カルシウム、タウリン、DHA、EPAなど、
し(しいたけなどのきのこ)は食物繊維が豊富で、免疫力をアップするといわれるβ ¯グルカンを含むものもあります。
い(いも類)のビタミンCは、でんぷんに包まれているので加熱しても壊れにくいのが特長。
よ(ヨーグルト)は、カルシウムや乳酸菌をたっぷり摂れます。

監修/宗像伸子先生
ヘルスプランニング・ムナカタ主宰。管理栄養士。東京家政学院大学客員教授。正しい食のあり方を伝える講演、栄養コンサルタント、料理サロンなど多方面で活躍。『バランスごはんで健康美人になる!』(エクスナレッジ)など著書多数。

前のページへ

次のページへ

2/7