山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

「健やかに」発刊録

健やか運動 ゆがみをとれば疲労も消える ゆがみは血行を妨げ、疲労物質や老廃物などの排出を滞らせ、疲れやこり・痛みの要因に。ゆがみを正し、血行を促進しましょう。

疲れをとる体操 疲れがたまりやすく、なかなか解消しない……。そんなときは、体がゆがんでいる可能性が大。この体操でリフレッシュして!

解消しにくい疲れの原因となる、体の“緊張・ゆがみ”をとる

新年度のあわただしさが、ようやく落ち着くこの季節。ため込んだ疲れがドッと現れ、体や心の調子をくずしがちです。疲れの大きな要因となるのは、体の緊張です。筋肉の緊張は体のバランスを乱し、ゆがみを招きます。すると、「疲労がたまりやすく、解消しにくい」体になってしまうのです。

まずは、こり固まった体をほぐし、ゆがみを正しましょう。次第に筋肉の緊張がとけ、疲労が消え去っていきます。そうすれば、体も心もリフレッシュし、本来の調子を取り戻すことができます。

現代人はパソコン作業など、とかく前かがみな姿勢をしがちなため、特に上半身がゆがんでいます。この体操は、肩や首、背中、腰といった上半身を中心にケア。肩こりや首こりにも効果抜群です。仕事や家事の合間に、ぜひ行って。

松岡博子(まつおかひろこ)先生

指導・監修
松岡博子(まつおかひろこ)先生
アピア均整院院長、身体均整師会支部理事。背骨や骨盤のゆがみを正し、自然なボディーバランスへ導く「身体均整法」に基づく施術によってさまざまな体の不調をケア。高い治療実績をあげている。著書多数。

前のページへ

11/11