山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

「健やかに」発刊録

研究1プロポリス ブラジル産プロポリスが風邪の治りを早める可能性

風邪の症状の一つ「体のだるさ」も軽減

プロポリスにはさまざまな健康作用があることが知られています。この研究では、風邪の治癒にどのような効果があるかを、59人の成人男女を被験者とした試験によって確かめました。

<試験方法>

20~70歳の59人の男女を2つのグループに分け、一方のグループにはブラジル産プロポリスエキス入りカプセルを、もう一方のグループにはプラセボ(※1)を、それぞれ60日間飲用してもらいました。試験は信頼性の高い二重盲検法(※2)によって行われました。
この間、毎日日誌をつけてもらい、風邪の自覚症状の有無と、自覚症状がある場合は症状の程度を1~5のスコアで記入してもらいました。スコアは1が最も軽症で、数字が大きくなるほど重症であることを示します。

<結果>

風邪が治るまでの日数は、プロポリス飲用グループはプラセボ飲用グループよりも平均1.3日短くなりました。
また、「体のだるさ」の自覚症状も、プロポリス飲用グループのほうが軽くなることが確認されました。

20~70歳の59人の男女を2つのグループに分け、一方のグループにはブラジル産プロポリスエキス入りカプセルを、もう一方のグループにはプラセボ(※1)を、それぞれ60日間飲用してもらいました。試験は信頼性の高い二重盲検法(※2)によって行われました。

グラフ1 ブラジル産プロポリスによる風邪の治癒促進作用グラフ2 ブラジル産プロポリスによる体のだるさを軽減作用

※1 プラセボ 被験者が「有効な成分が入っている」と思い込むことによる影響(プラセボ効果)を除くために用いられる偽薬や試験食。※2 二重盲検法 被験者のプラセボ効果や、試験者が無意識のうちに一方を高く評価することを防ぐため、被験者にも試験者にも、それが「検討したい成分を含むもの」か、「プラセボ」かがわからないようにして行う信頼性の高い試験法。

この試験結果から、プロポリスの飲用が風邪の治りを早め、また、症状を軽減してQOL(生活の質)を高める可能性が示されました。

I型インターフェロンの役割

警鐘を鳴らしてウイルスの増殖を防ぐ

警鐘を鳴らしてウイルスの増殖を防ぐ

前に説明したように、Ⅰ型インターフェロンの役割は、いわば「警鐘」。ウイルスに感染した細胞は、Ⅰ型インターフェロンを出し、周辺の細胞に知らせます。周辺の細胞は、すかさずウイルスが増殖しないように防御。元気な細胞が闘うので、この仕組みはとても有効です。
たとえばA 型インフルエンザウイルスの場合、下の図で示したように、感染から8時間後のウイルスの数は、まだ100個。3時間後にⅠ型インターフェロンの分泌が開始され、12時間後には分泌が最大になるので、この段階ではウイルスより免疫力のほうが優勢のはず。ところが、自然免疫力が低下していると、ウイルスは増殖を続け、24時間後には10億個に。こうなると、すべてのウイルスを撃退するのは大変な仕事になります。

細胞にA型インフルエンザウイルスが感染

有用物質でも増えすぎると問題に

Ⅰ型インターフェロンは、このように有用な働きをする物質です。ただし、Ⅰ型インターフェロンが多く出すぎると、炎症を引き起こすタンパク質も増加してしまいます。次にこの問題を解説します。

研究2プロポリス ブラジル産プロポリスがⅠ型インターフェロンに与える作用

過剰な炎症を抑える

風邪やインフルエンザなどのウイルスに感染すると、宿主細胞はⅠ型インターフェロンを放出し、周辺の細胞にウイルスを攻撃させます。インターフェロンはタンパク質の一種ですが、このとき、ウイルスの増殖を抑えるタンパク質とともに、炎症を引き起こすタンパク質も増加します。
炎症は、ウイルスに対抗する免疫反応の一つ。しかし過剰に起こってしまうと細胞自身が傷つき、風邪の治りも遅くなります。そこで、ブラジル産プロポリスが過剰な炎症反応にどう作用するかを調べました。

<試験方法>

(1)ヒトの細胞にブラジル産プロポリスエキスを添加して1時間おく。
(2)人工的に合成したウイルス感染の元となるRNAを(1)に入れ、感染を疑似的に再現。
(3)Ⅰ型インターフェロンなどのタンパク質量を測定。

<結果>

Ⅰ型インターフェロンの炎症を引き起こすタンパク質の増加が抑えられ、ウイルスの増殖を抑えるタンパク質量は増加していました。
この試験結果から、ブラジル産プロポリスは細胞の炎症を抑えることにより、風邪などウイルス性疾患の症状を軽減する可能性が示されました。

ブラジル産プロポリスは細胞の炎症を抑えることにより、風邪などウイルス性疾患の症状を軽減する可能性が示されました

冷えはなぜ、免疫力を低下させる?

免疫細胞が不足する事態に!

免疫力を低下させる大きな原因の一つは「冷え」先に述べたように、免疫力を低下させる大きな原因の一つは「冷え」。手足などに感じる冷えの症状だけでもつらいものですが、免疫力の低下はより深刻な問題です。
また、冷え症とは別に、現代の日本では男女を問わず、低体温の人が増えています。低体温とは、36℃未満の体温のこと。
低体温や冷えがなぜよくないかというと、血流が悪くなり、体の末端まで血液が行き渡りにくくなるからです。ここまで見てきたように、ウイルスなどの外敵と闘うのは、NK細胞、好中球、マクロファージ、T細胞、B細胞など。これらはすべて白血球で、免疫細胞とも呼ばれます。血液が行き渡らないところでは、当然、免疫細胞も不足してしまいます。また、赤血球が不足することで、全身の細胞に十分な酸素を運ぶこともできなくなります。
健康を維持するために理想的な体温は36.5℃とされ、体温が1℃下がると、免疫力は30%低下するといわれます。冷え症の人、体温が低い人は、今すぐ対策を始めましょう。

体を温める工夫と食べ物、運動で改善を

体を温める工夫と食べ物、運動で改善を体には、体温調節をするために働く、動静脈吻合(ふんごう)という経路があります。この経路のスイッチをオンにすると、血流が増えて体がポカポカに。スイッチは首の周りにあるので、これからの季節は特に、マフラーを活用するとよいでしょう。
体を温めてくれる食べ物は、玄米や全粒粉パン、かぼちゃ、にんじんなどの根菜、黒豆など色の濃いもの、りんごなど寒い土地で採れるもの、ポカポカ成分のジンゲロールなどを含むしょうがなどです。
運動も大切。筋肉を使うことで体温を上げ、血流をよくします。ただし、激しい運動は免疫細胞のバランスを崩すもと。40歳を過ぎたら、軽めで継続できる運動がおすすめです。

研究3ローヤルゼリー ローヤルゼリーの飲用で冷え症改善の可能性

冷え症を改善すれば免疫力もアップ

冷え症は、手足の先などに耐えがたい冷えを感じたり、不眠などさまざまな不調の原因になることに加え、免疫力を低下させ、病気への抵抗力を奪います。更年期症状としても現れますが、若い女性にも多くみられます。
この研究では、冷え症と診断された若い女性24人を被験者として、ローヤルゼリーの飲用により冷え症が改善されるかを、プラセボ(※1)を用いた二重盲検法(※2)による試験で検証しました。

<試験方法>

24人を、
(1)プラセボ飲用グループ
(2) 低用量ローヤルゼリー(生換算量4200㎎/日)グループ
(3)高用量ローヤルゼリー(生換算量8400㎎/日)グループ
の3つに分け、それぞれの試験食を2週間飲用してもらいました。2週間後、両手を水に浸して温度を下げる「寒冷ストレス負荷」をかけ、手指の表面温度が回復する経過を測定、比較しました。

<結果>

ローヤルゼリーを飲用したグループは、低用量グループ・高用量グループともにプラセボグループより手指の表面温度の回復が早くなりました。
この試験結果から、ローヤルゼリーを継続的に飲用することで冷え症を改善する可能性が示されました。

寒冷ストレス負荷をかけてから6分後の手指の表面温度(サーモグラフィにより測定)

※1 プラセボ 被験者が「有効な成分が入っている」と思い込むことによる影響(プラセボ効果)を除くために用いられる偽薬や試験食。※2 二重盲検法 被験者のプラセボ効果や、試験者が無意識のうちに一方を高く評価することを防ぐため、被験者にも試験者にも、それが「検討したい成分を含むもの」か、「プラセボ」かがわからないようにして行う信頼性の高い試験法。

免疫グロブリンって何?

抗体の別名は免疫グロブリン

抗体の別名は免疫グロブリン獲得免疫の話の中で、抗原と抗体について説明しました。
抗体は、別名を「免疫グロブリン」といい、Igと表記します。グロブリンは、抗体をつくっているタンパク質の種類です。
抗体はY字のような形をしていて、Y字の左右に開いた部分それぞれに、抗原と結合する鍵穴があります。Y字の脚の部分は、G、A、M、D、Eの5種類に分かれていて、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEと名付けられています。
血液中に最も多いのはIgG、唾液や気管支粘液、腸管粘液などに最も多いのは
IgAというように、それぞれ存在する場所や量、働きが異なります。

母から子への贈りもの

IgGは、赤ちゃんが母親のおなかの中にいるときに、胎盤を通して送られる唯一の抗体IgGは、赤ちゃんが母親のおなかの中にいるときに、胎盤を通して送られる唯一の抗体です。IgGのおかげで、赤ちゃんは生まれてから半年間、さまざまな病原体から守られています。
IgAは、成長すると自分で分泌するようになりますが、初めは母乳を通して母親から与えられます。IgAは腸管の粘膜などをベールのように覆い、病原体の攻撃から守ってくれるのです。母から子へ与えられる、大切な贈りものといえるでしょう。

研究4ローヤルゼリー 酵素分解ローヤルゼリーが免疫力を高める可能性

病原体から体を守る抗体IgAが増加

免疫力を効果的に高めることで、病気を未然に防いだり、早く回復させる方法が、多くの医師や科学者たちによって研究されています。ここで紹介する研究では、酵素分解ローヤルゼリーを継続的に飲用することによって、免疫力が高められるかを検証しました。
免疫力の程度を示す指標としては、ヒトの唾液に含まれるIgAの量を測定しました。上記で述べたように、IgAは、唾液、気管支粘液、腸管粘液、母乳などに多く含まれている抗体で、ウイルスなどの病原体から体を守ってくれています。

<試験方法>

唾液に含まれているIgAの量が比較的少ない10人を被験者としました。
被験者に、酵素分解ローヤルゼリー錠剤7200㎎/日(生換算)を4週間飲用してもらい、飲用前と飲用後に、唾液中のIgA量を測定しました。

<結果>

酵素分解ローヤルゼリーを4週間飲用後、唾液中のIgA量は、飲用前に比べて約40%増加しました。

グラフ 酵素分解ローヤルゼリー飲用による唾液中 IgAの変化

この試験で、酵素分解ローヤルゼリーの継続飲用によって唾液中のIgAが増えたことが確認されました。免疫力が強化され、病気の予防と早期回復に役立てられることが期待されます。

XXX

侵入した敵を素早く攻撃する細胞

Ⅰ型インターフェロンの知らせを受け、ウイルスを攻撃するのがNK細胞です。NK細胞は「ナチュラルキラー細胞」の略。「ナチュラル」には「自然免疫にかかわる」という意味が込められています。
NK細胞は、獲得免疫のT細胞やB細胞と同じリンパ球の仲間。しかし、獲得免疫と異なるのは、T細胞とB細胞が攻撃できるようになるまでには数日間かかるのに対し、NK細胞は数時間で攻撃できるようになること。これは、「敵の見分け方」に違いがあるためです。
T細胞は、侵入者があると、体内の住民台帳のようなものと照合して敵か味方かを確認します。敵と判断すると、T細胞自身がウイルスに感染した細胞を死滅させたり、その情報をB細胞に伝え、B細胞に攻撃させたりします。このような段階があるため、時間がかかるのです。それではNK細胞は、どのようにして敵と味方を区別するのでしょう?

目印は、細胞が出すストレス信号

NK細胞が敵の目印として使うのは、細胞が出す"ストレス信号"です。ウイルス感染した細胞や、腫瘍細胞などは、ストレスを受けていることから特有の物質を出しています。元気な正常細胞は、このストレス信号を出していないので、NK細胞はストレス信号を出している細胞だけを攻撃するようにしているのです。
NK細胞の働きが活発ならば、獲得免疫の力を借りる前に、病原体を撃退できます。病気を未然に防いだり、早く回復させるには、自然免疫力を高めることが最もよい方法です。

細胞が出すストレス信号

研究5蜂の子 蜂の子の飲用でNK細胞が活性化

NK細胞を活性して免疫力をアップ

NK細胞は、ウイルスなどに感染した際、初期に闘う免疫細胞として特に重要な役割を担っています。したがって、NK細胞を活性化できれば、免疫力全体を高めることに役立つと考えられます。
そこでこの研究では、栄養価の高い食品として世界各地で古くから親しまれている蜂の子に、NK細胞を活性化させる作用があるかを検証する試験を行いました。

<試験方法>

平均年齢67.5歳の男女12人を被験者としました。そのうち10人は、普段から「疲れやすい」という自覚症状を持っている人です。
12人全員に、蜂の子の粉末が250㎎入ったカプセルを1日2粒ずつ、2週間継続して飲用してもらいました。飲用開始前と2週間飲用後に、NK細胞の活性値()を測定し、比較しました。

<結果>

飲用前は基準下限値以下だった平均値が、飲用後、基準下限値を上回る24.1にまで高まっていました。
この試験結果から、蜂の子はNK細胞の活性化に役立ち、免疫力を高める可能性が示されました。

グラフ 蜂の子飲用前後のNK細胞活性値の比較

免疫力を高める生活のヒント

「笑い」で免疫細胞を活性

XXX近年、「笑い」と免疫力の関係が研究されています。笑うことでNK細胞が活性されたり、IgAが増えるという研究報告も。"病は気から"という言葉があるように、くよくよ悩むより、声を出して笑ったほうが健康によいことは確かでしょう。

深い呼吸でリラックスを

XXX自律神経は、緊張したときに働く交感神経と、リラックスしたときに働く副交感神経から成りますが、そのバランスが崩れると、免疫力は低下。現代社会では、交感神経が働きすぎてしまうことが多くなっています。そこで、副交感神経を高めるために役立つのが、深い呼吸です。息をゆっくり吸い、ゆっくり吐くことを数回くり返すだけで、リラックスして副交感神経が高まります。

休養だけでなくメリハリも大切

XXX交感神経が強くなりがちな現代人には、休養とリラックスが大切。ただし、副交感神経が強くなりすぎると、アレルギー性の病気になりやすくなります。免疫力を高めるのに最もよいのは、適度な刺激、メリハリのある生活です。

前のページへ

次のページへ

2/7