サラサラ血液とDHA+EPAの気になる関係

サラサラ血液だけではない、うれしい効果

DHAとEPAのコレステロールとの関係

DHAとEPAにはコレステロール値を調整する働きがあるといわれています。そもそもコレステロールは細胞膜の成分にもなる脂質なので、存在そのものが悪いわけではありません。コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、悪玉コレステロールが過剰に増えると、酸化を起こし、少しずつ血管の壁に付着して剥がれにくくなってしまい、これが動脈硬化の原因になるといわれているのです。DHAやEPAには、悪玉コレステロール値を下げる効果もあるといわれていますので、上手に取り入れたいですね。