研究所概要

みつばち健康科学研究所は、岡山県の北部、
中国山地の山あいの町、鏡野町にあります。
山田養蜂場に隣接しており、美しく豊かな自然に囲まれたこの地でみつばち産品を中心とした天然素材を研究しています。

研究所概要

みつばち健康科学研究所 概要

研究所名 (日本語)みつばち健康科学研究所
(英語)Institute for Bee Products & Health Science
創立 2006年5月
所在地 〒708-0312 岡山県苫田郡鏡野町香々美1281-1
所長 橋本健(理学博士)
施設規模 地上4階建て延べ1517.87㎡
4階:みつばち情報センターと天然素材研究エリア
3階:健康科学研究エリア
1-2階製品開発エリア
※研究所壁面や屋上一面には太陽光パネルを設置
研究員数 22名
主な研究素材 ローヤルゼリー、プロポリス、蜂蜜、花粉荷、ミツバチ、蜂の子
ハープや世界の有用天然素材など
主な研究テーマ ローヤルゼリーの更年期周辺の不定愁訴に対する作用
ローヤルゼリーの高血圧改善作用
ローヤルゼリーの耳鳴り改善作用
プロポリスの花粉症軽減作用
プロポリスの抗酸化作用
プロポリスの糖尿病予防作用
蜂産品の成分分析など
研究ネットワーク 116ヵ所(海外含む)総勢200名以上の研究者

【国内】
愛媛大学、岡山大学、九州大学、京都大学、神戸大学、玉川大学、
東京大学、東北大学、広島大学、武庫川女子大学など(50音順)

【海外】
アジア食品安全研究センター、フイラデルフイア生物医学研究所、
ルーマニア国立養蜂研究開発機関 など
所属学会 アジア養蜂研究協会、アピモンデイア国際養蜂会議、
Antioxidant Unit研究会、日本栄養・食糧学会、(社)日本食品科学工学会、
(社)日本分析化学会、日本化粧品技術者会、日本蚕糸学会、
日本農芸化学会、日本薬学会、日本薬理学会、光老化研究会など

ページトップ

  • 蜂産品文献データベース

山田養蜂場 みつばち研究助成基金

HOBEEY 研究者向けミツバチ情報サイト