酵素分解蜂の子は耳鳴を伴う難聴を改善する

古来より貴重なたんぱく源として食されてきた“蜂の子”。
ここでは、最新の科学的研究により明らかになってきた
蜂の子の力をわかりやすく解説します。

“蜂の子”とは

ローヤルゼリーの食事

酵素分解蜂の子が“耳のきこえ”や“耳鳴による不安”を改善することをヒトで確認

生活の質を脅かす“耳鳴”と“聴力の低下”

耳鳴とは、“外界に音を出しているものが無いのに、音が聴こえるように感じられる状態”のことです。耳鳴は患者本人にしか聴こえないため、そのつらさは周りの人に理解されにくく、常に音が聴こえることによって、集中力の低下や不眠、イライラ、不安感といった精神的なストレスが引き起こされるなど、生活の質の低下を招いてしまう重大な問題です。さらに耳鳴の多くは難聴(外界の音の聴こえにくさ)を伴っており、耳鳴を感じている人の約90 %が難聴を自覚しているとの報告もあります※1

加齢による聴力レベルの低下(立木ら※2のグラフを改変)

耳鳴を感じる人の割合は年を重ねるごとに増加し、難聴も加齢に伴って進行します。グラフからも、年代が上がるにしたがって聴力レベルが低下してしまうことがわかります。実際に、日本において耳鳴や難聴に悩まされている人の割合は、すべての年代を対象とすると約5人に1人ですが、65歳以上を対象とすると約3人に1人にもなります※3。超高齢化となった日本では、今後も耳鳴や難聴に悩まされる人の割合は増えていくことでしょう。また西欧諸国においても、50歳以上の約3人に1人が耳鳴に悩まされていると報告されています※4

さらにグラフからは、1,000 Hz以上の周波数では、聴力レベルが低下すること、年代が上がるにつれて急激にその低下が進むことも読み取れます。特に2,000~4,000 Hzは、“か”“さ”“た”など、“あ”行以外の子音に当たる音域であるため、この範囲の音が聴き取りにくくなると、スムーズな日常会話が難しくなります。“年齢を重ねると耳がとおくなる”、と言われるのはそのためです。

このように耳鳴や難聴は、高齢者を中心に、生活の質を脅かすものとして世界中で問題になっています。また、最近では、若い人においてもストレスによる難聴が増えてきているといいます。しかし、耳鳴りや、加齢による難聴への有効な治療法は、まだ十分とはいえない状況です。

聴力に影響するホルモン =“コルチゾール”

耳鳴りの原因は、耳や血管の病気やストレスなど、さまざまにあるとされていますが、完全には解明されていません※5,6。そのような中、原因のひとつとしてホルモンが関係している可能性も指摘されています。特に注目されているのは、血中の“コルチゾール”というホルモンです。コルチゾールはストレスを受けたときに分泌されるホルモンのひとつで、耳の最も奥にあり、聴力を司る蝸牛には、コルチゾールの受容体が多く存在しています。

さらに、耳鳴りに悩まされる人はコルチゾールの値が高いこともわかっており、これらの事実から、高濃度のコルチゾールが蝸牛に影響して耳鳴りを引き起こしているのではないかと考えられているのです
※7, 8, 9
さらに、ストレスによってコルチゾールの値が上昇すると、一時的に聴力が低下してしまうことも報告されています※10
また、コルチゾールは加齢によっても増加するため、加齢とともに進行する難聴に関係しているのではないかと言われています※11

蜂の子は“耳鳴り”や“難聴”に良いのか?

近年、蜂の子が耳鳴りや難聴に効果があるという情報が広く知られるようになりました。これらの情報は必ずしも科学的に証明されたものばかりではありませんが、日常生活で手軽に摂取できる蜂の子にそのような効果があれば、耳鳴りや難聴に悩む人の生活の質の改善に大いに役立ちます。そこで、岐阜大学医学部附属病院・青木光広 臨床准教授の研究グループは、山田養蜂場独自の技術によってタンパク質を分解した“酵素分解蜂の子”を使用して、蜂の子による耳鳴り改善効果と聴力の回復効果を調べました※12

試験ではまず、耳鳴りを伴う難聴患者60名を2グループに分け、一方には酵素分解蜂の子(720 mg/4カプセル/日)を、もう一方には酵素分解蜂の子を含まない偽薬を、どちらを飲んでいるかわからない状態で12週間摂取してもらいました。そして、試験食の摂取前後の変化や、酵素分解蜂の子グループと偽薬グループの違いをいくつかの項目に注目して調べることで、酵素分解蜂の子の効果を評価しました。

このように、被験者を均等にグループ分けし、被験者だけではなく、試験説明者、医師、看護師などの試験者にも試験食の内容がわからないようにして行い、被験物質を投与した群の結果を偽薬群のものと比較して解析する試験を“無作為化プラセボ対照二重盲検試験”といいます。これは科学的な信頼性が最も高い試験デザインで、二重盲検試験によって耳鳴りや聴力の改善効果を検討したのは、今回の研究が世界で初めてです。

なお、酵素分解蜂の子の影響を調べるために、問診、聴力検査、血液検査を行いました。このうち聴力検査とは、どのくらい小さな音まで聴こえるかを調べる検査で、今回の研究で用いたのは、健康診断で一般的に行われる“純音聴力検査”です。被験者は左右の耳に順番にヘッドホンを当て、オージオメータという器械で出された音が聴き取れた時にボタンを押して、その音が聴こえたことを知らせます。オージオメータは125~8,000 Hzの周波数でさまざまな大きさの音を出すことができます。

蜂の子は聴力を回復させる

試験の結果はどうだったのでしょうか。
まず、問診にて耳鳴に関する自覚症状を尋ねたところ、酵素分解蜂の子グループでのみ、“耳鳴から逃れられないかのように感じる”、“全く耳鳴を制御できないと感じる”、“耳鳴のせいで憂鬱になる”といった抑うつ感に関する自覚症状が、摂取前よりも軽くなっていることがわかりました。このことから酵素分解蜂の子の摂取は、耳鳴に伴う不安や苦痛を和らげることがわかりました。
さらに聴力検査の結果、酵素分解蜂の子グループでは、試験食の摂取後に、より聴こえやすい方の耳(良聴耳)で、2,000 Hzおよび4,000 Hzにおける聴力の著しい回復がみられました。

蜂の子が聴力レベルに与える影響

一方、偽薬グループでは、より聴きづらい方の耳(難聴耳)で2,000 Hzにおける聴力レベルが低下し、良聴耳でも低音域における聴力レベルが低下してしまいました。偽薬は本来、人に対してどのような効果も発揮せず、悪影響も与えないものですから、偽薬グループの結果は、効果的な対策をせずに耳鳴りを放置しておくと、聴力が低下してしまうことを表しています。このことから、酵素分解蜂の子には時間経過による聴力の低下を予防し、さらに回復させる効果があることが明らかとなりました。特に2,000~4,000 Hzは、先に述べたように“か”“さ”“た”などの子音に当たる周波数であるため、酵素分解蜂の子は、この音域を聴き取りやすくすることによって、日常会話をスムーズにすることが期待できます。

最後に、血液検査の結果、酵素分解蜂の子グループでは、試験食の摂取後に血中のコルチゾールの値が低下していることがわかりました。一方、偽薬グループでは、コルチゾールの値に科学的に意味のある変化は見られませんでした。今回の試験で、酵素分解蜂の子の摂取によって聴力が改善した背景には、こうしたコルチゾールの低下も影響していると考えられます。さらに、酵素分解蜂の子はコルチゾールを低下させることで、加齢とともに進行する難聴に対しても予防的な効果を発揮する可能性があります。

今回の研究によって、酵素分解蜂の子は、ストレスホルモンの活動を整えて耳鳴に伴う不安や苦痛を和らげるとともに、聴力を回復させる働きを持つ可能性があることがわかりました。今回の摂取期間は12週間でしたが、さらに長期間摂取し続けることによって、より高い回復効果が見られるかもしれません。耳鳴りには危険な病気が潜んでいることもありますので、まずは医師の診察を受けることが重要であることは言うまでもありませんが、酵素分解蜂の子が、耳鳴や難聴に悩む人の生活の質の改善に役立つことも期待できます。

今回の研究によって、酵素分解蜂の子は、ストレスホルモンの活動を整えて耳鳴に伴う不安や苦痛を和らげるとともに、聴力を回復させる働きを持つ可能性があることがわかりました。今回の摂取期間は12週間でしたが、さらに長期間摂取し続けることによって、より高い回復効果が見られるかもしれません。耳鳴りには危険な病気が潜んでいることもありますので、まずは医師の診察を受けることが重要であることは言うまでもありませんが、酵素分解蜂の子が、耳鳴や難聴に悩む人の生活の質の改善に役立つことも期待できます。

参考文献
※1
MRC Institute of Hearing Research, Tinnitus (Ciba Foundation Symposium 85), Pitman (1981)
※2
立木ら, Audiol Jpn, 45(3), 241 (2002)
※3
厚生労働省, 平成19年国民生活基礎調査
※4
Nondahl et al., J Am Acad Audiol, 13 (6), 323 (2002)
※5
北原正章, 読んでなおす耳鳴の話, 金原出版 (1994)
※6
小学館・ホームメディカ編集委員会, ホームメディカ家庭医学大事典, 小学館 (2008)
※7
Rarey et al., Hear Res, 82 (2), 135 (1995)
※8
Rarey & Curtis, Otolaryngol Head Neck Surg, 115 (1), 38 (1996)
※9
Hebert & Lupien, Neurosci Lett, 411 (2), 138 (2007)
※10
Fehm-Wolfsdorf et al., Psychoneuroendocrinology, 18 (8), 579 (1993)
※11
Orentreich et al., J Clin Endocrinol Metab, 59 (3), 551 (1984)
※12
Aoki et al., Ear Hear, 2011 Oct 3. [Epub ahead of print]

ページトップ